金木犀の手作りキット【染色】

金木犀のキットを手に取っていただき

ありがとうございます。

キットでは初の、草木染めから体験できるものです。

金木犀の花びらにつかう布をタマネギの皮で染めます。

火を使う染色ですので十分注意して作業してくださいね。

染めに使うタマネギの皮によって

染色液や染め上がりの色が違います。

画像の色は参考にしてください。

それでははじめましょう!

まずはキットの中身を確認します。

・絹布

・未精練の絹糸

(今回の制作には使いません。おまけです♪)

・丸太の箱

・媒染剤(焼きミョウバン約0.1g)

・アクセサリー金具がついた革パーツ

・葉っぱパーツ2枚

・ペップ7本(うち1本予備)

・型紙がついた台紙

・染色カード

次に染色に必要な器具を揃えます。

・小さな鍋

(変色や色移りを防ぐためステンレスやホーローが望ましい)

・耐熱容器

(熱湯を入れるのに使います。画像ではビーカーを使用)

・計量カップ(キッチンにあるようなもの)

・ゴム手袋

・割りばし

・計り(キッチンにあるようなもの)

・ボウル(糸と布をすすぐのに使います。

変色や色移りを防ぐためステンレスやホーローが望ましい)

・タマネギの皮 約3g

【タマネギの皮で染める】

染色手順①媒染作業 ②抽出液の準備 ③素材の染色 ④洗浄と乾燥

①媒染作業

(熱に耐えるものを作業台にしてください。)

媒染は発色をよくしたり色止めの効果もあります。

焼きミョウバンの量は、素材(布と糸)の重さの約5%。

約0.1gを袋に入れています。

耐熱容器に、焼きミョウバンをすべて入れます。

そこに熱湯を加え、透明になるまで割りばしでよくかき混ぜます。

(熱湯の量は、布と糸がかぶる量あればよい。)

事前に水で濡らして絞っておいた糸と布を入れる。

媒染剤が素材全体にいきわたるよう、

割りばしでかき混ぜながら10分間浸す

布と糸を取り上げ、絞っておく。

これで媒染作業は完了です。

②染色液の準備

鍋に、タマネギの皮3gと水200ml入れて火にかける。

沸騰後、弱火にして10分間煮出す。

(火を使っている時は目を離さないでください。)

10分後、水分を切りながら皮を取り出す。

これで染色液の完成です!

③素材の染色

媒染した糸と布を染色液の中にいれる。

割りばしでよくかき混ぜながら

沸騰後10分煮る。

蒸発して水分が少なくなりすぎたらお湯を足してください。

④洗浄と乾燥

布と糸を鍋からボウルに移し、しっかり水洗いしてから

日陰で乾燥させる。

これで、素材の準備ができました。

キッチンでする草木染めはいかがでしたか?

基本的な染め方ですので、応用して色々な染めに挑戦してみてくださいね。

次はアクセサリー製作です。頑張りましょう!

【ご不明な点など気軽にお問合せください。】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 720p izle より:

    You have brought up a very excellent details , thanks for the post. Alice Erasmus Groome

  2. myrta martinez より:

    I am thinking of visiting your website again Thanks

  3. bitch より:

    I enjoyed reading a very successful article

  4. Nicola より:

    I am thinking of visiting your website again Thanks

  5. hacklink より:

    HERKESE VARDA SANA YOKMİİİİİİİİİİİİİİ ÜZÜLÜRSÜN DİYE SENİDE ARAMIZA ALDIM NE ŞİŞ NE KEBAP
    HESABI KNK ALINMA BI TEK SENDE YOK

トップへ戻る