Plant dyeing

dyeing_main dyeing_main_sp

Plant dyeing|
草木染めとの出会い

草木染めとの出会いは、大学の「染色加工学」という授業。

先生が見せてくださった天然染料の映像、ウコンや藍、紅花で染めた布に夢中になりました。

天然染料が織りなす色彩は味わい深く、まるで自然から神秘を学んでいるよう。

自然のものを使い表現する色、その可能性はまさに無限大で、私にとって未知の世界…

それから、天然染料についてもっと知りたい、自然の色を使いアクセサリーを作ってみたいと思うようになりました。

About Plant dyeing
草木染めについて

蘇芳(スオウ)で染める

かつて王朝貴人たちの衣服を染めるのに使われていた植物。食酢を加えながら幹の部分をお鍋で煮込み染色液をつくります。染めた布や糸は主に「赤いバラ」や「ピンクの実」のアクセサリーを作るときに用いています。

藍の生葉で染める

庭で大切に育てたタデ藍。花の咲く前の葉っぱを摘み
とり、ミキサーにかけ、ろ過して染色液をつくります。そこに布を浸して引き上げると、最初は緑色ですが、空気に触れて酸化し、だんだん青色に変化します。

鬱金(ウコン)で染める

5月に群馬県にある染料植物園でウコンをいただきました。見た目は生姜に似ています。皮をむいて、包丁で細かく刻み、お鍋でぐつぐつ煮込んで染色液をつくります。元気が出るような鮮やかな黄色に染まりました。

紫根で染める

「紫」という名の植物の根っこを使って染めました。ボウルのなかで湯を加えた紫根をごしごしとこすり合わせて少しずつ色を取り出していきます。何度も繰り返し、やっと濃い染色液ができました。

臭木(クサギ)染め

秋に祖母と2人で山へ採集に出かけました。青い宝石のような実をお鍋で煮込むと、信じられないくらい美しい青い染色液ができます。染めに使った後の染色液は緑色に。色素が繊維に移動したことが目に見えてよく分かります。

桜で染める

福岡の工房で桜染めを体験させていただきました。花の咲く前の枝を40日間炊いたり冷ましたりし、その後90日間熟成させてピンクの染色液をつくります。非常に多くの手間と時間がかけられてできる美しい染めです。

緑色に染める

Kahonのアクセサリーの葉っぱなどの緑色のパーツは、素材を重ね染めして表現しています。藍で青色に染めたうえに、ウコンやクチナシなどで黄色に染めて緑色にします。こうしてできる緑色のバリエーションは無限で、美しく深みがあります。

赤苺で染める

苺農家BERRYさんに、出荷が終わった苺を染めのために特別に送っていただきまいした。部屋中が甘い香りで包まれる贅沢で幸せな染めの時間となりました。染の工程はまるでジャムを作っているよう。

白苺で染める

赤苺に比べると、ほとんど染まらないのではと予想していた白苺でしたが左下の画像のように可愛らしいピンク色に染まりました。赤苺と白苺で染めた布を使ってローズのイヤリングを作りました。

ブラックベリーで染める

8月に収穫したブラックベリー。熟した実はとても甘く、摘みながらついつい口に運んでしまいました。苺と同じ、熱に弱いアントシアニンの色素なので火を使わずに染めました。

トップへ戻る